「実鈴」公式ブログです。

祝 令和

 令和元年がスタートしてから早3週間が経ちました。

新元号が「万葉集・梅花の歌32首」の前に置かれた漢文の「序」を出典とすることを

最初に知った時「梅」とご縁があることをとても嬉しく感じました。

天平2年(730年)今から1300年近く前の大宰府で催された優雅な宴に思いを馳せます。

この序文の梅花の宴の趣旨の口語訳は、産経新聞(5月2日朝刊)に井上さやかさん

という方が書かれていますので、記事をそのまま書き写します。

 

「良い季節を迎えて白梅が美しく咲き、良い香りを漂わせている、心地よく酒を酌み交わしながらそれぞれが満ち足りている。この心境は、詩歌でなければとても言い表すことなどできない。中国には多くの落梅の詩があるが、われわれはこの庭の梅を和歌に詠もうではないか、と参集した人々に和漢折衷の斬新な創作活動を呼びかける内容です」

 

 日本は、異文化を柔軟に取り入れて、さらにそれを発展させ、独自の日本文化を創造するという能力を持つ国柄であることを強く感じました。

 

 さて今年も青梅の収穫が始まりました。

全国の梅の収穫高(約10万トン前後)の内、和歌山県はその6割を生産しています。

和歌山で収穫される梅のほとんどが南高梅(なんこうばい)です。

そこで南高梅のルーツを少し調べてみました。

 南高梅は、明治35年に髙田貞楠(さだぐす)氏が自分の所有する桑畑を梅畑にしようと考え実生苗(種子をまいて育成した苗木のこと)を植え、その中から果実の大きい梅をみつけ「髙田梅」として栽培したのが最初です。

梅の優良品種を統一して市場の安定を図る為、この地に梅を増やそうと昭和25年に

「梅優良母樹選定委員会」が発足し、5年に渡る研究の結果、髙田梅が最優良品種と

認定されました。

調査に当たったのが南部高校の教諭 竹中勝太郎氏と生徒であったので校名と

髙田氏に因んで「南高梅」と名付けられました。

皮が薄く種が小さくて果肉が多く柔らかい南高梅は60年前に生まれてから徐々に有名になり今では全国で有名になっています。

実鈴の白干梅も豊玉梅もすべて和歌山県産の南高梅です。

 

 令和の時代に何を志して生きるのかと自分に問いかけて「梅」が一人でも多くの人の健康に役立ちますように、その効用を伝えて行きたいと改めて思いました。

 

 

営業ワンコのマイケル

 2018/11/20ノブログでも登場しましたが、我家には15歳のマイケルというミックス犬が居ます。

とても元気に過ごしていたのですが、冬の初めからくしゃみをするようになって、犬は人間と違って体内でビタミンCを作れるので風邪を引かないはずなのに、やっぱり寄る年波には勝てないものだと、でも気候が暖かくなったら自然に治ると軽く考えていました処、1月のある朝急に鼻血が止まらなくなり私は仰天して獣医さんへ駆け込みました。

レントゲン検査の結果、出血の原因は歯が化膿していることからと分かり歯を抜いたら治るのですが、手術中に大量出血でそれまでの命になるかも知れない事と麻酔の副作用で腎臓が悪くなりその治療をずっとしていかなくてはならない事を告げられました。

私が最も望むのはマイケルが苦しむことなく看取ることです。

それで歯を抜くのは止めて抗生物質の注射でこれ以上悪くならないように抑えていただくことにしました。

1回の注射で2週間効き目があり2週間後には出血が止まりましたのでまた注射を打ちに行きました。ところが今度は鼻の上が腫れてきて再び出血となり、何回も獣医さんへ足を運びました。

 

 マイケルの背骨は丸くなり尻尾は垂れて、食べるのは蒸し鶏だけで排便も数日に1回となり、10キロあった体重は6,4kgまで減ってしまいました。

何とか栄養をつけなくてはと思い犬用の牛乳など試しましたが一口も飲みません。

ただ唯一水だけは大量に飲みます。それで随分前にNHKの「あさイチ」の番組で梅を取り上げた時に、犬の腫瘍が梅エキスで無くなった話を思い出してマイケルの飲み水に 梅エキスを混ぜてみました。

動物はふつう酸っぱいものは腐敗しているものとみなして食べないようですが、マイケルは鼻が利かなくなっているので味覚が分からないせいか、ふつーにいっぱい飲みました。

 その翌日からは私も信じられないぐらいの元気を取り戻しドッグフードを食べ始め、

便通も良くなり尻尾も上がって散歩へ行きます。

大本の歯が良くなったわけではないので、これからもたいへんなことは予想されますが、元気で機嫌よく過ごせたら上等だと思っています。

 

 あまりにも立ち直りが早かったので、ご近所の方が梅エキスの威力に感心して梅エキスを飲むことを始めてくださいました。

お友達にも勧めて頂いてお蔭様で沢山梅エキスが売れました。

今はマイケルが6月に無事16歳の誕生日を迎えられたらいいなと願っています!

優秀な営業ワンコ マイケル頑張れ!!

http//www.e-umeboshi.com

http//www.e-umeboshi.com

 

 

便秘を解消する

 先日主人が関西へ出張しました時に初めてお目にかかった方から梅の種を細かく砕いて粉にしたものを頂戴しました。

その方は現在80歳という高齢ですが、車を10時間連続運転できる強者でいらっしゃっいます。

ところがお話をお伺いしますと、今まで病気知らずというのではなく、66歳の時に

前立腺ガンになられてそれが落ち着いたら次は72歳の時にも他の臓器にもガンがみつかって、それも治療されて現在に至っておられるということです。

 その方がおっしゃるには、ガンの治療はいろいろ自分で研究されて治癒されたそうで、その中で最も重要な事は、如何に不要な物を体の中に置いておかないで短時間で便として排出するかという結論を出されたようです。

今食べた物が何時間後に便として出るかを綿密にチェックして便が腸に滞在する時間を最小限にすることに着目してガンを治癒されたようです。

 

それで思い出したのですが、私の母も便秘知らずが自慢の人だったのに晩年急に便秘で苦しむようになりガンがみつかって亡くなりました。

現在お悩みのある方は軽く考えないで真剣に便秘解消に取り組むべきだと思います。

以前にも書いたと思いますが、梅エキスに豊富に含まれる「有機酸」は腸を刺激して

ぜん動運動を活発にします。それから梅エキスには「カテキン」が含まれていて優れた整腸効果を発揮します。

フルーツではキウイフルーツを1日1個食べると結果が良いようです。ごぼうや人参たけのこなどの食物繊維の豊富な野菜の煮物も効果的です。

 

 話が80歳の元気な紳士に戻りますが、主人が梅の種の粉末のお礼に梅干をお贈りしましょうか?とおたずねしましたら、いっぱいストックしてあるので要りません!と返されてしまいました。

戴いた梅の種の粉末も種を砕くために多額の設備投資をされたようですが、サプリメントとして商品化するには薬事法の関係で今の処はできないので、自家消費にとどめていらしゃるということです。

 

 2018/11/8のブログで「アミグダリン」の話を書きましたので繰り返しになりますが、梅をはじめ、アンズ・ビワ・モモなどバラ科の果実には「アミグダリン」と呼ばれる

シアン配糖体が含まれています。特に種に多く存在します。

パキスタンのフンザ地方ではアンズの種から採取した油を生れてすぐの赤ん坊に与えることが風習になっています。

またメキシコやアメリカの一部の州で制ガン剤として用いられています。日本にあるクリニックでもガンの治療の為にアミグダリン療法を採用されている所があります。

 種を粉にした物は手に入りにくいかも知れませんが、塩漬けの梅干でも三年物になると種からアミグダリンが出てくるので食べ時だと言えます。ただしそれ以上日が経つと外へ出て行ってしまうので、大事に置きすぎないでくださいね。

 

 梅干も梅エキスもきっと病気を予防するお役に立てると信じています。

今日も梅干しを買いに来て下さったお客様から、今まで薬局でクエン酸を買って飲んでいましたが、それを止めて朝梅干しを食べることにしてから一日の疲れを感じなくなり

化学物との違いを実感しました!という嬉しいお言葉を頂戴いたしました。

 梅を扱う家業で良かったと思う瞬間でした。

 

 

 

 

www.ume-misuzu.com

断食

 

 私は究極に体が病んだ時には(例えば癌と診断された時など)やってみたい療法があります。

それは断食療法です。

 

 人間の体には解毒システムが備わっています。

その中心となるのは肝臓ですが、腎臓のろ過作用や食物を分解する胃液、排尿排便や

発汗、皮膚呼吸なども協力して解毒に当たっています。

 しかしそれらの解毒システムにも限界があります。

食品添加物や農薬などの有害物質の多さに加えて、高たんぱく高脂肪に偏った食事が

内臓や組織に大きな負担を掛けているのです。

有害物質はどんどん体に入って来るのに、解毒パワーが十分な能力を発揮できなくなると体内に毒が溜まっていきます。

有害物質は脂肪に溜まりやすいのです。

断食をすると脂肪を燃やしてエネルギーを作ろうとしますので、有害物質は血液中に遊離して肝臓や腎臓を経由して体外に排出されるのです。

 

 自然界の生き物は本能的にこのことを知り実践もしています。

ケガをした動物たちは、いっさい餌を口にせず静かにじっと回復の時を待ちます。

食べないことが体内酵素の温存をはかり生命力を高めケガを克服する最良の方法だということが本能の中に刷り込まれているのです。

生命力が高まるということは、脳のステージも上がることに繋がります。

 

 過去に断食と脳の関連について「サイエンス」誌に研究発表されたグループが米国にあります。それはハーバード・メディカルスクールのクリフォード・サパー博士を中心とするグループで、その内容は、外国旅行した時に起こる「時差ボケ」の調整についてでした。

 時差ボケは体内時計の狂いが原因ですが、約16時間の断食を行うことによって、一般的には1週間ほどかかる時差ボケの調整が瞬時に行われるという結論が出たことを発表されました。16時間の断食ということは夕食を午後7時に摂ったとして、次の日の午前11時まで水分を摂るだけにして、つまり朝食を1回抜くだけで良いのですから簡単に実行できると思います。

機会があればこれが本当かどうか一度試してみられてはいかがでしょうか!

 

 もうずいぶん前にこの世を去られたのですが、比叡山で密教の修行をされた方から

長期間断食されたお話を伺ったことがあります。断食中にもかかわらずドッサリと便が

出て驚いたと言われたのを今でも覚えています。

「酵素」に関する本を読みますと「細胞便秘」という言葉がよく出てきます。

断食という行為は腸内の宿便を排出することによって、細胞の一つ一つに溜まった垢を落としてくれる効果があるのだと思います。垢を落とすことによって、体の持つ本来の力=免疫力とかがよみがえることになるのだと思います。

よく苦悩の末に画期的なアイデアが生まれる状態を「天から降りてきた」などと表現されますが、細胞便秘の解消はこのような神秘的な勘どころも強めるのではないかと

私は推察します。

 

 でもお気を付けください!断食療法というのはただ食べ物を食べなければ良いというものではなく、常に水分を取り続けたりしなくてはならない約束事があるのです。

体の修復の為に本気でやってみようと思われる方は専門家の指導を受けられることを

おすすめします。

何も食べないのではなく野菜ばかり食べる方法もあります。

その中にも梅干しはしょっちゅう登場します。

 

 お蔭様で私は今のところは血液検査でひっかかったことがありませんが、これから先

重病にかかった時は断食療法を自衛手段としての最後の切り札として持つことにします。ふつーの時もひと月に1日とか実行した方が良いのかもしれませんが、お腹が空きすぎて私には耐えられそうにもありませんので無理です。(笑)

 

 

 

 

www.ume-misuzu.com

AGEs(糖化)を抑制する梅

 昨日朝のテレビで「AGEs」の事を取り上げていたので、今まで私なりに調べました事をお知らせします。

 

 AGEsとは Advanced Glycation End Products

の略で日本語では「終末糖化産物」と訳されています。

AGEsとは、体をつくるたんぱく質を攻撃してその機能を低下させる恐ろしい

ものです。 

AGEsは食べ物から体内へ取り込む場合と体内でたんぱく質と糖を体温によって生成する場合があります。

 1912年AGEsを世界で初めて発見した人は、フランスの科学者であり物理学者でもあるルイ・カミーユ・メラール氏です。

この人は、たんぱく質が20種類のアミノ酸で構成されていて糖質と一緒に加熱すると

褐色になることを発見しました。その反応を「メイラード反応」と呼びます。

たんぱく質の糖化反応です。

「メイラード」はこの人の名前の「メラール」さんの英語読みから名付けられました。

パンケーキ、食パン、焼おにぎり、お好み焼き、たこ焼き・・・などが当てはまります。一方プリンのカラメルソースのように糖質だけを加熱してもAGEsは発生しません。

 また料理方法によってもその生成の度合いは違うようです。

揚げ物や焼き物調理は大量のAGEsが発生して、調理温度の低い煮物や蒸し物は発生量が少ないのです。生で食べるか蒸し物料理が良い食べ方と言うことです。

それから肉を焼く場合でも、下ごしらえとして肉にレモン汁をかけてから焼くと

AGEsの量は劇的に減るという実験結果があります。私はレモンよりクエン酸量の多い梅酢を使っています。

 

 AGEsの害を受けやすいたんぱく質の一つに「コラーゲン線維」があります。

これは体内のたんぱく質の30%を占め体形を保ったり血管や肌の弾力性や柔軟性といった機能性を保ったりする重要な役割をしています。

AGEsの害を受けると動脈硬化になったり、しわが出来たり肌がたるんだりして

見掛けが老け込むという、できれば避けて通りたい状態を引き起こすことになります。

 体内で作られるAGEsには星の数ほどの種類があり、現在その生成経路を知ることによって、タイプ別の抑制することに効果的な物質をみつける研究がなされているようです。

 たとえば先程のコラーゲンにのみ生成するAGEs(CMAカルボキシメチルアルギニン)化を加速させるメチルグリオキサールの生成を抑える為にはビタミンB1(豚肉、豆など)をこまめに摂ることです。ビタミンB6(マグロなど)もメイラード反応の最初の反応を抑制する効果があります。

 また酸化ストレスが原因のAGEs(CMLカルボキシメチルリジン)に対しては

ポリフェノールやカテキンなどのフラボノイドが効果的です。ただし摂り過ぎは逆に酸化を促進するので、普通にお茶やワインを飲む程度がよいのです。

 

 2018/11/22のブログで書きましたが、梅を食べることによってクエン酸を体内に取り込みエネルギー産生を助けることで(CELカルボキシエチルリジン)というAGEsの生成を抑制し、その結果として目の水晶体にAGEsが溜まることによって起こる

白内障の発症や、腎機能の低下を抑えられる事が実験で確認されました。

 

 梅干しや梅エキスを食べるのは、運動前の方が効果的です。

 

 それから妊娠初期でつわりが起こる時などにケトン体という物質が増加することが分かっています。このケトン体から前記のCELというAGEsが出来ることから考えると、つわりの時に酸っぱい物が欲しくなるのは、このためかも知れません。

 

 細胞内に糖質が足りなくなると、エネルギーを作り出す材料が少なくなるので、

クエン酸回路でアセチルCoAという物質が足りなくなり、その不足分を補うために

脂肪を分解してアセチルCoAを作り出します。この時にケトン体が生成するのでこれを防ぐためにクエン酸を食べ物で摂取することは糖化を防ぐことに重要です。

それと過度の糖質制限はケトン体を作ることになるので、からだの為に良くないことがお分かりでしょう。今人気の完全糖質制限ダイエットはからだの自然の摂理に反していると思います。

 

 AGEsは加齢とともに増えていきます。ヘモグロビンA1cの値が標準よりも高い人は、糖化が進んでいるということです。その増加は加齢関連疾患につながる事が分かってきました。

これに対抗する手立てはAGEsを抑える成分を意識的に摂ることです。

クエン酸はその代表的な存在です。

 

 どうか食卓に梅干し、梅エキスを常備して毎朝お召し上がりください。

※梅酢は、吉池赤坂店で販売していますのでよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

www.ume-misuzu.com

発酵食品

 今 白菜の塩漬けにハマっています。

何回か作ってみて私にちょうど良い塩加減にたどり着きました。

家には10kg用の梅のポリ容器があるので、白菜1個(約2㎏)をばらばらにして、水洗いしてからザクザクと切って、塩大さじ3と昆布の細切りを適量、そして鷹の爪(赤とうがらし)を4,5本入れて全体をかき回してから重石(3.5kg)をのせます。

1日1回上下をひっくり返して3日目ぐらいにちょっとすっぱい香りがしたら出来上がりです。このすっぱい香りが乳酸菌発酵したお知らせです。

白菜から出た水分にも乳酸菌があるので、切り干し大根を買ってきて水洗いしてぎゅっと搾り、白菜漬けに混ぜますと切り干し大根が水を吸ってくれて、とても良い感じになります。

白菜4分の1(約500g)に対して塩大さじ1と本に書いてありましたので、最初その通りやってみましたが、私にはちょっと塩辛く感じましたので、少し塩の量を減らしています。

白菜4分の1で漬けるのでしたら、ちょっと大きめのチャック付ポリ袋でされてはいかがでしょう。重石もペットボトルに水を入れて何本かのせたら代用になると思います。

 さあ切り干し大根も水分を吸ってふやけましたら出来上がりです。

冷蔵庫で保管して、毎日サラダ感覚でお惣菜の一品として食卓に並べます。

亜麻仁油やオリーブオイルをかけたり、海苔やごまやかつお節などをトッピングして

飽きないように変化をつけいただいています。

 漬物というとパン食には似合わないですが、生野菜のサラダとしてフルーツなども

添えてみたらパンにもお似合いでしょう!

 

 

 ところで「プロバイオティクス」という言葉をご存知ですか?

体内の善玉菌作りに大きく貢献するもので、小腸内では乳酸菌が代表です。

大腸内で活躍するプロバイオティクスはビフィズス菌が代表です。

ヨーグルトの乳酸菌は動物性なので胃を通過する時に胃酸にやられて腸まで届きにくいのに対して漬物の植物性乳酸菌は腸まで無事に行くことができます。

 

 ちなみにドイツ料理に「ザワークラウト」というキャベツを塩漬けにした料理があって、もちろんこのままで食べても良いし、これを使ってベーコンなどと煮込んでシチューにするのも良いようです。生のキャベツを使うよりも調理時間がたいへん短くて済む上に発酵している食材を使うことで、深い味が出せるようです。

 私もザワークラウトを作ってみましたが、3日経ったらキャベツが黒くなってしまい嫌なにおいがして失敗に終わりました。

この状態は、「発酵」ではなく生命が終わった「腐敗」です。たぶん塩の量が少なすぎたのが失敗の原因かもしれません。

 

 発酵食品は、善玉菌のような微生物によって発酵したことで生の食品のままより旨みや保存性を高めた食品です。納豆・しょうゆ・みそ・漬物など、時には毒を持つ食品を

解毒してしまう力を発揮します。

発酵食品は元の素材よりも栄養価や機能性が高まっていることがあります。

 

 コンビニ弁当が多い食生活の方も意識して発酵食品を食事に取り入れることで最低限の自衛手段を心がけましょう!

梅干も発酵食品同様、胃腸の調子を良くする頼りになる食品です。

「梅干しはその日の難のがれ」という言葉があります。

朝食べると梅干しはゆっくり代謝するので、その日一日食べる物の解毒をしたりして

からだが守られるという意味です。

どうか毎日続けてお召し上がりくださいませ。https://www.ume-misuzu.com

 

 

 

 

 

 

 

油の話

 昭和30年(1955年)頃から植物性油ブームが起こりました。

ところが1980年を過ぎた頃から植物性油でも善玉と悪玉があること、動物性油にも

からだに良い様々な効果があることが分かってきました。

植物性油絶賛で無くなったのは、観察期間が短かったのが原因のようです。

長期の観察結果では違う結果が出たからです。

 

 人体の中で合成できない「必須脂肪酸」に当たる「α‐リノレン酸」などは食用油から

積極的に摂取したい脂肪酸です。

体内で作り出すことのできない不飽和脂肪酸にはもう一つ「リノール酸」があります。

リノール酸とα‐リノレン酸を摂るバランスは1対1が理想ですが、現状では20対1以上の

超リノール酸過剰の食生活を多くの人がおくっています。

リノール酸の過剰摂取は血小板を凝集させ血栓を作ります。

その結果 脳梗塞・心筋梗塞・肺梗塞などの病気につながります。

その他乳がん・前立腺がん・肺腺がん・卵巣がんといったホルモン系のがんの最大の

因子と言うことも分かってきました。

 

 リノール酸は 大豆油・コーン油・サラダ油など食用油として摂取する他に、マーガリン・ドレッシング・マヨネーズ・スナック菓子などから日常的に摂取する機会が多く

意識なしに食べ過ぎてしまうのです。

 食事で摂った油は体内ではまったく変換せずに細胞膜になったり脂肪細胞になったりするので食べる油の質(脂肪酸)がそのまま健康を大きく左右します。

 

 以前は血小板凝集の大きな原因は動脈硬化だといわれていましたが、現在ではリノール酸過剰が最大の原因だということが分かってきました。

血小板凝集が高まると血管が狭くなったり、血液の粘性を高める物質が作られ、いわゆるドロドロ血になって血の循環が悪くなってしまいます。

 予防医学として梅干し・梅丸をお召し上がりください。(11/24のブログもご覧ください)

 

 ご参考までに現時点で私のおすすめの油は、亜麻仁油・エゴマ由・シソ油・オリーブ油・菜種油(キャノーラ油)それから青魚に含まれるEPAとDHAです。

その反対に望ましくない油は、マーガリン・ショートニング・酸化した油・

過剰なリノール酸油(サラダ油等)です。